アーティスト・作品

藤本直明+ 中田ナオト

fujimoto2017作品名「月にふれる」

かつて銀行の金庫室だった部屋のなかに入ると、床に陶板タイルを敷いたステージがあります。月周回衛星「かぐや」がとらえた月表面のデータから焼成された、陶芸家・中田ナオトによる素焼きのタイル。裸足になってその上に乗ると動きがセンサーでとらえられ、正面のスクリーンに地球の映像が映し出されます。藤本直明によるインタラクティブ・アートで、まるで手鞠のように回転させたり、はじいたり、と自由に操ることができます。月面上に立って地球を眺めている状況が仮設されており、鑑賞者の身振りは、月と同じ地球の1 / 6の重力下にあるようプログラミングされています。

アーティスト略歴

藤本直明(ふじもとなおあき)
アーティスト、フリーランサー。「体験」そのものを創り出す事を目的とした作品制作を行う。

中田ナオト(なかだなおと)

1973年愛知県生まれ。陶芸家「やきものからやきことへ」をコンセプトにした作品を制作している。

  • 展示会場:天空のパラダイス(熊毛郡南種子町中之上2753-26)
  • 展示期間:2017年8月5日(土)~11月12日(日) 8:30~19:30(※不定休)
  • 料金:無料