アーティスト・作品

開発好明

kaihatsu2017

作品名「ロケットマップ2017」

宇宙の島・種子島には、町のいたる場所にロケットを象徴するイメージが潜んでいます。地域の住民が参加する「ロケット捜索隊」が町のなかにあるロケットを探すワークショップを行うことで、自分たちの町を見つめ直し、見過ごされていたシビックプライドを発掘するのが、「ロケットマップ2 0 1 7 」です 。発見されたロケットはまとめて地図にして配付されますが、その中のひとつに開発氏が新たに制作した「ロケット開発2号」が含まれます(場所は非公開)。このプロジェクトは2014年に南種子町で実施され、今回は西之表市の地域を対象にしています。

アーティスト略歴

開発好明(かいはつよしあき)
1966 年生まれ。多摩美術大学大学院修了。1995 年から観客参加型の美術作品の発表を続けている。被災地30 カ所を巡り東日本大震災のためにアートによる心の繋がりを運ぶ「デイリリーアートサーカス 2011 」を主宰するなど、社会とアートのつながりを考察する作品シリーズを展開している。いちはらアート× ミックス2014 に参加した「モグラTV」は、翌年の越後妻有大地の芸術祭2015 でも好評を得た。

  • マップ配布期間:未定
  • マップ配布場所:未定
    ※決定次第、こちらのページにアップします。
  • 料金:無料