宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を。

宇宙をテーマにした新しい芸術祭が、2017年夏にスタートします。
種子島の全島でさまざまな作品、アートプロジェクト、イベントが繰りひろげられる予定です。
世界で最も美しいロケット発射場があるのが種子島ですが、芸術祭はその魅力をもっとわかりやすく見せてくれると思います。芸術祭をきっかけにして宇宙をもっと身近に感じる体験をしてもらいたいと願っています。
ロケットの他にも種子島は、きれいな星空、おいしい特産物、そして古くから続く長い歴史を持った島です。このように数多くある島の魅力が結集して種子島宇宙芸術祭ができあがります。

種子島宇宙芸術祭の3つのテーマ
「自然と科学と芸術の融合」

自然

1. 自然 [ 美術館のない種子島、アートの舞台は大自然 ]
種子島の美しい海と海岸、緑多い山々、豊かな農作物を育む畑がたくさんあって、いたるところがアートの舞台になります。
種子島を巡りながらアートに出会う体験をしてください。

科学技術

2. 科学技術 [ 宇宙に一番近い島で宇宙を感じる ]
日本の宇宙開発の最前線、種子島は最先端科学技術の集積する場所です。
種子島芸術祭は宇宙技術を取りいれたアートの新しい取組みを紹介します。

芸術・文化

3. 芸術・文化 [ 宇宙を見つめて芸術について考える ]
人類はなぜ芸術に目覚めたのか。宇宙の成り立ちや生命の誕生、そして人類の進化、そして芸術。宇宙は芸術にとっての大きなテーマです。
私たちはどこに向かっているのか、宇宙芸術の作品たちとともに考えてみましょう。