プレイベント

星空イルミネーション

img_illumination

2013年は、みんなの星をつくろうワークショップを行いました。種子島宇宙センターの芝生広場にたくさんの星が光り、幻想的な宇宙が現れます。 星は「種子島宇宙芸術祭」に向けたプレイベントとして、南種子町のこどもたちが宇宙芸術教室の中でつくった作品です。

2013年のテーマは「自分の住む星」。

まるで青雲を見ているような光景の中に入り込むと、一つ一つにこどもたちの夢が見られます。
種子島宇宙センター内の芝生広場を会場にして、こどもたちのつくった「みんなの星」が約450個集まって夜空の星のように光りました。2013年のテーマは「自分の住む星」。行ったことはないけれど、夢のような楽しい星を想像して、プラスチックの球体に自分の星を描きました。普段の図工の授業では平面の画用紙に描いていますが、今回はプラスチックでできた球体に挑戦。慣れない立体的な思考が必要になってきます。
宇宙センターでの星の光る様子は、まるで星雲を見ているような幻想的な光景でした。遠くから眺めるとそれは星雲のようですが、芝生広場に入り込んでこどもたちの想像した星を一つ一つ見てゆくと、そこにはそれぞれの想いがたくさんつまっています。宇宙から見た地球の街灯りは光の集合体にすぎませんが、地上では家1軒ごとにそれぞれの生活があり、想い出があります。副題の「〜宇宙はみんなでできている〜」とはそういうことを表すメッセージなのです。(種子島宇宙センターで芸術作品が展示されることは、これが初めての試みでした。)

星空イルミネーション 日程:2013年 8月12日(月)〜 9月16日(月・祝)

  • 時間:日没後 〜 22時
  • 場所:種子島宇宙センター内芝生広場
  • 主催:種子島宇宙芸術祭推進協議会
  • 協力:南種子町、南種子町商工会、種子島観光協会、宇宙航空研究開発機構(JAXA)
  • 宇宙芸術研究コミュニティ beyond [space + art + design]
  • 協賛:三菱重工株式会社
img_illumination_02

星空イルミネーション 関連イベント

8/11(日)「第35会南種子町ロケット祭」

  • 時間:日没後 〜 22時
  • 日程:2013年8月11日(日)
  • 場所:前之峯陸上競技場(南種子町内)

「星空モニュメント」

こどもたちがつく星が集結して大きなモニュメントができあがり、輝く星の光を皆さんに届けます。

「宇宙芸術店」

ロケット祭りにて、学生や地域住民が協力した、宇宙芸術のお店がオープンしました。宇宙をテーマにしたおいしい創作料理や傘袋ロケットのワークショップの体験ができるお店となりました。

img_illumination_03

8/12(月)13時〜16時「星空イルミネーション公開制作ワークショップ」

  • 日程:2013年8月12日(月)13時〜16時
  • 場所:種子島宇宙センター内(芝生広場)
  • 【要参加申込】【参加費無料】

8/12(月)17時〜19時「宇宙芸術トーク2013 – 宇宙芸術と地域の連携で何が生まれるか – 」

  • 日程:2013年8月12日(月)17時〜19時
  • 場所:宇宙科学技術館オーディトリウム (種子島宇宙センター内)
  • 詳細:http://beyond-spaceart.net/projects/宇宙芸術トーク2013/
  • 【要参加申込】【参加費無料】

「種子島宇宙芸術祭」に向けて、今年のプレイベントや芸術祭の構想について紹介します。これから種子島で何が起こっていくのか?宇宙芸術と地域の可能性について皆さんと語り合い、島の未来を考えます。