ニュース

2017/05/01

「宇宙のタネ」プロジェクトが公開されました!

aport2

「宇宙のタネ」プロジェクトとは?
2017年8月5日から、種子島を舞台にした宇宙と芸術の新しい芸術祭が始まります。
日本で唯一の大型ロケット発射場がある「宇宙の島」種子島は、豊かな自然や食文化、古い歴史のある島でもあります。種子島宇宙芸術祭の開催をきっかけにして、この島でさまざまなチャレンジを考えている人たちがいます。そのような人々の宇宙への夢プロジェクトを応援してください。

種子島宇宙芸術祭は、種子島のいたるところで宇宙をテーマにしたアーティストの作品が出現し、誰も見たことのない光景に出会えるワクワクするような芸術祭となります。その一方で、この島の地域との交流を通じて生まれるアート作品が、地元の記憶をよみがえらせ、地域を見直すきっかけになるプロジェクトなど、歴史の古い種子島の地域に密着しながら、そこにアートが入り込むことによって島が輝き出すような企画も用意されています。これらが実現してゆくことで、種子島宇宙芸術祭は「みんなでつくる芸術祭」になることを目標にしています。それはアーティストだけではなく、地域民が参加し、また芸術祭を訪れた観光客も参加することで成り立つものです。

「宇宙のタネ」プロジェクトで支援いただくことも「みんなでつくる芸術祭」に参加いただくことになります。種子島でこれから始まる「宇宙のタネ」プロジェクトをぜひご支援いただき、そして南国ののんびりした雰囲気の島で行われるプロジェクトの素敵な成果を見に来ていただきたいと思います。


クラウドファウンディングサイト「A-port」宇宙のタネ特設ページ
https://a-port.asahi.com/partners/space-seed/